同僚の社会人とセフレになるメリット・デメリットまとめ!

女同僚の攻略法

社会人にとって一番身近なセフレ候補といえば同僚の女の子。

上司でも後輩でも距離が近いので仲良くなりやすいですよね。

でも同僚をセフレにするってことは色んなメリットとデメリットがあるんです…!

 

ということでここでは、

 

  • 同僚セフレのメリットとデメリット
  • メリットデメリットはどっちが大きいか

 

を解説していきます。

同僚をセフレにしようと考えてる人は事前にチェックしていってください!

社会人の同僚セフレのメリット

まずはメリットのほうからいくつか紹介していきます。

1つ目はデートや食事の際の約束が簡単なところ。

普通セフレとはスマホのラインや電話で事前に約束するんですよ。

 

  • どこに行くのか
  • 何時に待ち合わせるのか
  • 何をするのか
  • 何日に会うのか

 

ラインだと相手の返信に時間差があるので結構時間かかってめんどくさいんですよね。

でも同僚だと会社の喫煙所などちょっとした場所で簡単に約束ができます。

かなり慣れてくれば、

 

「今日もあそこいいかな?」

 

「うん、いいよ。じゃあいつもの時間で。」

 

みたいに一言二言で済んじゃいます。

断られる時もすぐにNGがわかるので予定も早く切り替えられますよね。

 

連絡がなかなか取れないセフレだと煩わしくなって解消しちゃうこともあるんですがそのリスクも低め。

そういう意味では意外と長続きに向いてるセフレといえるかもしれないません、

ということでこの時短の強さ、便利さが同僚セフレの大きなメリットの1つになっています。

セフレ相手が同僚だと移動時間が少ない

2つ目のメリットは移動時間が少ないこと。

上でも少し触れましたが普通なら会う時に待ち合わせが必要なんですよ。

わかりやすい駅前やタワー、店屋、このあたりが多いはず。

 

こういうスポットはたとえ自分の行きにくい場所であっても行かないといけないんですよね。

相手と自分の中間のちょうどいいところを待ち合わせに選ぶわけです。

この時間が地味にうっとおしい!

 

  • 電車の時間調べてお金を用意
  • 車が止められるところを調べる
  • ほぼ1日分の駐車料金
  • 車だとお酒も飲めない

 

こんな感じでできないことややらなくても良いことがどんどん増えていきます。

貴重な休みの時間や仕事終わりの時間がすごいもったいないんですよ。

でも同僚であれば待ち合わせは会社内で済んでるので直で目的地に向かえるわけです。

 

 

この手軽さは他のセフレには中々ありません。

僕は社内に女子がいないので社外で色々手軽にしようと工夫してるんですが流石にこの手軽さには勝てませんね。

こういう手軽さを重視する人には大きなメリットになるはずですよ。

社内にセフレがいると事情を分かってくれる

3つ目のメリットは社内の細かい事情を分かってくれること。

社外のセフレだとこっちの仕事の忙しさ、やむを得ない残業がなかなか理解できないんですよ。

「約束したのになんでダメなの!」と機嫌を損ねて破局っていうパターンもよくありました。

 

でも同僚にセフレがいればそういった避けようがない事情を分かってくれるわけですね。

 

  • 上司に怒られてかなりへこんでる
  • 部下のミスで残業発生
  • 休日出勤を命じられる
  • 無理やり飲みにつれていかれる

 

こんな時にわざわざ説明しなくてもある程度許容してくれるということ。

こういうのは会社内の空気や上司のキャラを知ってないとできないんですよね。

仲が悪くならないとは言いませんが社外のセフレよりはダメージは低めです。

 

中々時間がとりにくい会社にいる場合はかなり大きなメリットになるはずですよ。

会社内だと不倫がしやすい

4つ目は不倫、浮気がしやすいというメリット。

不倫がバレる原因の多くがスマホのラインや電話の履歴から。

これを見られるともう言い逃れができないので最強の証拠になります。

 

でも上でも触れたように会社内の会話で約束できちゃうのでそれが残らないんですよ。

残らないのであとは他の証拠に気を付ければいいだけ。

 

  • 相手の匂い
  • ラブホの会員証
  • ハメ撮り画像、動画

 

このあたりでしょうか。

会社が離れてれば近所の人にラブホ入店を目撃される心配もありません。

多少帰りが遅くなっても「残業が…」といえばいいわけにはピッタリですよね。

 

相手の子が上司の妻とかならまた問題ですがそうじゃないならかなりバレにくいはず。

不倫してみたい、ntrセックスしてみたい、っていう人にはうれしい状況ですね。

社会人の同僚をセフレにするデメリット

ココからは反対にデメリットを紹介していきます。

まず1つ目はセフレ関係を解消しにくいという点。

同僚なのでセフレになる前もなってからもなった後も毎日顔を合わせます。

 

そうなると別れが切り出しにくいんですね。

これはセフレに限らず恋人でもそうですがかなーり気まずくなるはず。

 

 

毎日会うっていうのはデメリットにもなりえるんです。

さっと切り替えて仕事仲間として臨めるなら大丈夫ですがそうじゃないならしばらくはきついかも。

 

恋人などと違い回りにセフレだった、ということもできないので気も使われません。

狭い会社だと今後の働き方も考えたくなるかもしれませんね。

セフレ関係が会社にバレると気まずい

2つ目は会社にセフレになってるということがバレた時の気まずさ。

恋人、結婚ならみんな茶化しながらも祝福してくれるでしょう。

でもセフレをしてるってことがバレたらそうはいきません。

 

  • ヤリチン
  • ヤリマン
  • 節操がない
  • 股が緩い
  • 誰とでも寝る

 

こんなワードがポンポン出てくるでしょう。

そうなると社内で今後付き合ってくれる人も出ないでしょうし距離を置かれたりもするはず。

もし社外の人と結婚したらほかの同僚たちは祝福してくれるでしょうか…?

 

こういうところがバレた時のネックとしてあります。

どちらかの浮気、不倫だともう会社にはいられなく可能性も。

 

便利さはあるんですがこういうリスクも付きまとってくることを忘れないでください。

ただ全然気にしない、っていう人は関係ないデメリットですね。

仕事での失敗をセフレに見られる

3つ目は会社での失敗、ミスをセフレ相手に見られること。

セフレでも恋人でも二人っきりで会う時は1人の男でいたいもの。

でも会社で上司に頭を下げたり怒鳴られたりするところを見られるとすごい情けないんです。

 

普通はその情けない姿を見られることがないのでセックスでもデートでも余裕を見せられます。

でも、相手に全部バレてると人によっては恥ずかしかったりみじめに感じたりする場合も。

 

 

これは男だけじゃなく女子のほうも同じ。

めちゃくちゃ怒られた後にニコニコしてセックス、っていうのは中々できません。

なので気まずいのもそうですがセックスする気にならないというのもデメリットになります。

 

こういうことを気にしない強いハートを持ってる人。

そもそも会社でミスをしないという人は特に関係ないデメリットです。

そうじゃない人は少し考えたほうがいいかもしれませんね。

同僚セフレのメリット、デメリットどっちを重視?

ということでここまでが同僚をセフレにするメリット、デメリットになります。

見たうえでセフレ作ろうか迷ってるあなた要にどうするべきかの指標を1つ用意しました。

 

  • 世間体を重視するなら作らない
  • セフレ関係の便利さを取るなら作る

 

こんな感じです。

これから会社で定年まで仕事するつもりなら作らないほうが無難です。

バレたら最悪退社しないといけないくらい気まずくなる可能性もありますからね。

 

でも転職上等!それよりも毎日仕事帰りにセックスしたい!

というならセフレを作ってみてもいいでしょう。

相手が自分のタイプならなおさらですね。

 

どっちを重視するか考えて計画的にセフレ作りしてください!

社会人の同僚セフレのメリット・デメリットまとめ

メリット

  • セフレとの約束が簡単
  • 移動時間、待ち時間が少ない
  • 社内の事情を分かってくれる
  • 不倫や浮気がしやすい

デメリット

  • セフレと別れにくい
  • 別れると関係が気まずくなる
  • セフレがバレると会社にいずらくなる
  • 会社での失敗を全部見られる

 

同僚をセフレにしようとしてる人は何となくメリットとデメリットがわかったでしょうか。

僕は今の会社に女子社員がいないので結構あこがれちゃいますねw

 

社内にめぼしい子がいない場合は外で探すのも手ですよ。

同僚より手間がかかりますがやりようによっては十分時短可能です。

休みの日に家に来てもらってセックスして帰ってもらう、なんていうデリヘルっぽいこともしれもらえます。

⇒1年以上付き合ってる人妻セフレとお家でイチャイチャセックスデート

 

僕が社外でセフレを作ったやり方もまとめてるので広くターゲットにしたい人はぜひみてみてくださいね。

⇒社会人でもできる出会い系でのセフレの作り方!5ステップで攻略!

コメント

タイトルとURLをコピーしました